SPGアメックス紹介入会キャンペーンで139,900ポイント獲得する方法

TOKYUルート完全解説【2020年からのANAマイルの貯め方】

ANAマイルを貯めたい人

ANAマイルを貯めるのにオススメなソラチカルートが閉鎖するって聞いたけど、これからどうやってANAマイルを貯めたらいいんだろう。
本記事では、このようなお悩みにお答えします。

まるのすけ

この記事の内容
ANAマイルの貯め方の新定番「TOKYUルート」を利用するために必要なものから交換方法までを完全解説

こんにちは!

マイル研究所のまるのすけ(@marunosuke_jp)です。

 

TOKYUルートについて知りたいですか?

ANAマイルの貯め方の新定番「TOKYUルート」を利用するために必要なものから交換方法までまとめました。

ソラチカルート閉鎖前にしっかりと準備しておきましょう。

1.TOKYUルートを使ってANAマイルを貯めるために必要なもの

長年陸マイラーに愛されてきた、通称「ソラチカルート」が2019年12月27日に閉鎖されることが決定しました。

改悪を重ねながらも、長年ANAマイルを貯める手段として重宝していたこのルートが閉鎖されるのは、なかなか痛いですね。

しかし、ソラチカルートの代わりとなる交換方法があります。

それが「TOKYUルート」です。

「TOKYUルート」のメリット

  • ポイントサイトからANAマイルまでの交換期間が最短3週間
  • 交換上限がほぼない(最大75,000マイル/月)
  • ポイントサイトからANAマイルへの交換レートが75%と高レート

 

では、「TOKYUルート」に必要となるものからまずは確認します。

「TOKYUルート」でANAマイルを貯めるために必要となるものは次の3点です。
  1. ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称:ANA TOKYUカード)
  2. ポイントサイトへの会員登録
  3. ドットマネー(.money)への会員登録

では、それぞれ詳しく解説します。

1−1.ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称:ANA TOKYUカード)の発行

まずは、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称:ANA TOKYUカード)の発行をします。

 

TOKYUカードは提携カードを含めて、たくさん種類があります。

ここで非常に重要となるのが、必ずANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称:ANA TOKYUカード)を発行してください。

注意
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称:ANA TOKYUカード)でないカードを発行してしまった場合は、交換率が落ちてしまいますので、ANAマイルを効率よく貯めることができません。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの基本情報

カード名ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
(通称:ANA TOKYUカード)
国際ブランドMaster(マスター)
発行会社三井住友カード
年会費2,000円(税抜)(初年度無料)
年会費(割引後)751円
(マイ・ペイすリボ登録&年1回以上のカード利用)
家族カード年会費1,000円(税抜)(初年度無料)
家族カード年会費(割引後)475円
(マイ・ペイすリボ登録&年1回以上のカード利用)
ポイント制度1,000円=1ポイントのワールドプレゼント
ポイント有効期限2年
ANAマイル移行レート1ポイント=5 or 10マイル
10マイルコース登録料6,000円(税抜)
最大マイル還元率1.53%
フライトボーナルマイル10%アップ
入会ボーナスマイル1,000マイル
入会ボーナスマイル(マイ友プログラム登録)1,500マイル
継続ボーナスマイル1,000マイル
交通系ICPASMO
TOKYU POINTTOKYU POINT加盟店でワールドプレゼントとは別に
3〜10%相当のTOKYU POINT
空港内ANA FESTA5%オフ
機内販売10%オフ

 

そして、せっかくクレジットカードを発行するのであれば、お得に発行しましょう。

お得に発行する方法が2つあります。

  1. ポイントサイトの経由
  2. マイ友プログラムの登録

では、それぞれ詳しく解説します。

 

1−1−1.ポイントサイトの経由

クレジットカードを発行する際、ポイントサイトを経由すると、クレジットカード会社のキャンペーンなどとは別にマイルや現金に交換できるポイントを獲得することができます。

2019年11月現在、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称:ANA TOKYUカード)のポイントサイト掲載はありませんが、ふとしたタイミングで復活することがあります。

案件復活した際に、すぐにカードが申し込めるように、あらかじめポイントサイトへの会員登録をしておくとスムーズです。

 

後述しますが、こちらの3つのポイントサイトにまずは登録するのがオススメです。

 

1−1−2.マイ友プログラムの登録

そして、お得にカード発行できる方法が、ポイントサイト以外にもあります。

それが「マイ友プログラム」への登録です。

ANAカードを発行する際に、すでにANAカードを持っている会員からの紹介で入会することで、カード発行時のマイルを通常よりも500マイル多く獲得することができます。

マイ友プログラムについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

マイ友プログラムに登録してANAカードにお得に入会【ポイントサイト併用可】

1−2.ポイントサイトへの会員登録

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称:ANA TOKYUカード)の発行が完了すれば、次にポイントサイトの会員登録をします。

ポイントサイトと言っても、非常にたくさんのポイントサイトがありますので、この記事では、厳選したポインントサイトのみを紹介させていただきます。

また、当サイトを経由して会員登録していただきますと、普通に登録するよりもお得に会員登録していただけます。

 

「TOKYUルート」を使ってANAマイルを貯める際に、登録すべきポイントサイトは次の3つです。

当サイト経由での会員登録で最大1,000円相当のポイントをプレゼント

モッピーに登録する

当サイト経由での会員登録で最大250円相当のポイントをプレゼント

ちょびリッチに登録する

当サイト経由での会員登録で最大400円相当のポイントをプレゼント

ハピタスに登録する

1−3.ドットマネー(.money)への会員登録

そして最後に登録するのが「ドットマネー(.money)」です。

こちらからご登録いただけます。

ドットマネーに登録する

2.TOKYUルートの交換スケジュール・かかる日数

ここまでで、TOKYUルートを使ってANAマイルを貯めるための準備が完了です。

 

では、実際にどうやってポイントサイトのポイントを75%の高レートでANAマイルに交換するか解説します。

まずは、こちらの図をご覧ください。

このように3回の交換で、ポイントサイトのポイントを75%という高レートでANAマイルに交換することができます。

 

では、実際にポイントサイトからANAマイルへの交換にどのくらいの日数がかかるのかスケジュール・日数を確認します。

再度、こちらの図をご覧ください。

 

「TOKYUルート」では、このように最短で約3週間でポイントサイトのポイントをANAマイルに交換することができます。

では、最短で交換するためのポイントを2点お伝えします。

2−1.ポイントサイトからドットマネーへの交換日数

ポイントサイトからドットマネーへのポイント交換は、最短で「即日(リアルタイム)」です。

そして、この即日(リアルタイム)で交換できるポイントサイトは、次の2つだけです。

最短でポイントサイトからANAマイルへ交換したいという方は、この2つのポイントサイトを使われることをオススメします。

 

繰り返しになりますが、当サイトを経由してポイントサイトの会員登録していただきますと、普通に登録するよりもお得に会員登録していただけますので、登録がお済みでない方は、こちらからご登録ください。

当サイト経由での会員登録で最大1,000円相当のポイントをプレゼント

モッピーに登録する

当サイト経由での会員登録で最大250円相当のポイントをプレゼント

ちょびリッチに登録する

2−2.ドットマネーからTOKYU POINTへの交換日数

次に、ドットマネーからTOKYU POINTへの交換日数には「15日〜30日」と幅があります。

これはどういうことかと言いますと、「交換申請日」によって、交換にかかる日数に変動があるということです。

具体的には、このとおりです。

最短でドットマネーからTOKYU POINTへ交換するには、「15日または末日」に交換申請すると良いです。

3.TOKYUルートにオススメのポイントサイト

最後に、TOKYUルートにオススメのポイントサイトを紹介します。

上でも説明しましたが、TOKYUルートにオススメのポイントサイトは、こちらの3つです。

 

モッピーとちょびリッチは、

それぞれリアルタイムでドットマネーへのポイント交換が可能という点で、他のポイントサイトよりもTOKYUルートで活用するポイントサイトとして優秀です。

ハピタスは、

紹介制度が2019年10月から変更となり、「利用者への還元強化」が宣言されました。

これにより、同じ案件であってもハピタスが最もお得に利用できるポイントサイトとなる可能性が高いです。

 

それぞれ、当サイトを経由して会員登録していただきますと、普通に登録するよりもお得に会員登録していただけますので、登録がお済みでない方は、こちらからご登録ください。

当サイト経由での会員登録で最大1,000円相当のポイントをプレゼント

モッピーに登録する

当サイト経由での会員登録で最大250円相当のポイントをプレゼント

ちょびリッチに登録する

当サイト経由での会員登録で最大400円相当のポイントをプレゼント

ハピタスに登録する

4.TOKYUルート完全解説まとめ

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

この記事の内容まとめ
ソラチカルート閉鎖後は、ポイントサイトのポイントを75%の高レートで交換できる「TOKYUルート」を活用すべし

 

ソラチカルートが閉鎖しても、依然としてANAマイルは貯めやすい状況にあります。

ANAマイルの貯め方を総合的に学びたい方は、ぜひ当サイトで開催しています「無料のマイルセミナー」をお申込みください。

【全28回】無料マイルセミナーのご案内【ゼロからはじめる、100万円得するマイル講座】

 

まるのすけ

この記事が少しでも役立ったと思ったら、ぜひ、はてなブックマークやTwitterなどで周りの方にもシェアしてもらえると嬉しいです。

多くの方に読んでもらうことができれば、さらなる記事更新へのモチベーションアップに繋がります。