SPGアメックス紹介入会キャンペーンで139,900ポイント獲得する方法

ANAダイナース入会キャンペーンで79,000マイル【2019年最新版】

  • 年会費が高いけど、特典が魅力的なANAダイナースカードをお得に申し込みたい。
  • さらに、そんな年会費の元を取る方法はないかな。

この記事では、こんな要望に応えます。

 

本記事の内容

  • ANAダイナースカードの最新の一番お得な申込方法がわかる
  • ANAないナースカードの年会費の元を取る方法がわかる
  • ANAダイナースカードならではの特典がわかる

私は、2017年から陸マイラーとして活動し、毎年30万マイル以上貯め続け、毎月のように無料で旅行へ出かけています。

そして、このとおり毎月、当ブログ経由で多くの方にANAカードをお申し込みいただいています。

f:id:rich_s:20181017160852p:plain

それでは、最新のキャンペーンなどを詳しく解説していきましょう。

こんにちは!

マイル研究所(@mairukenkyuujyo)のまるのすけです。

 

現在開催中のキャンペーンANA ダイナースのを申し込むと、最大で77,000マイルを獲得することができます。

これは、過去最大級のキャンペーンです。

ANAダイナースカード(公式)

 

さらに、このページに記載している方法を使えば、獲得マイルを最大で79,000マイルにすることができます。

その方法は、この2ステップです。

  1. マイ友プログラムに登録する
  2. ANAダイナースカードを申し込んで、キャンペーンの条件を達成する

では、順に説明していきます。

※必ず入会前に、「マイ友プログラム」に登録しないと、プラス500マイルを獲得できませんので、ご注意ください。

Contents

1.ANAダイナース入会キャンペーンの前に、マイ友プログラムに登録して、さらに2,000マイル獲得

f:id:rich_s:20181017161414p:plain

登録するだけでプラス2,000マイルを獲得できる方法を紹介します。

それは、「マイ友プログラム」という制度の活用です。

マイ友プログラムとは、すでにANAカードを持っている人からの紹介で、ANAカードに入会すると、ボーナスマイルがアップするというものです。

ANAダイナースカードの場合は、通常入会ボーナスマイル2,000マイルに、マイ友プログラム入会ボーナスマイルとして、さらに2,000マイルが加わり、合計で2倍の4,000マイルが獲得できます。

f:id:rich_s:20181018144222p:plain

では、マイ友プログラムへの登録方法を説明していきます。

1-1.マイ友プログラムへの登録方法

マイ友プログラムへの登録は、専用ページから行います。

まずは、こちらのページにアクセスしてください。

『マイ友プログラム』に登録する | ANAマイレージクラブ

アクセスすると、ページ真ん中あたりに「登録用ページ」というボタンがありますので、ボタンを押してページに進みます。

f:id:rich_s:20181017161628p:plain

情報登録ページに進むと、紹介者情報と申込者情報を入力する画面になります。

こちらのお問い合わせフォームに返信用メールアドレスを入力の上、お問い合わせいただきますと、5分以内にマイ友プログラム登録用の「紹介者番号」をご案内します。

 

紹介者情報の入力が終われば、あなたの申込者情報を入力してください。

ここで入力する情報は、ANAダイナースカードご入会時の入力情報と一致させる必要がありますので、正確にご入力ください。

「次へ」のボタンを押すと、入力情報の確認画面になります。

入力情報を確認し、間違いがなければ、「登録する」ボタンを押してください。

f:id:rich_s:20181017161737p:plain

登録が完了すると、対象カードへの入会申込を案内されますので、そのまま「ANAカードにご入会の方はこちら」のボタンを押して、次へ進みます。

1-2.マイ友プログラム注意点

繰り返しになりますが、入会前に必ず登録してください。

順番が逆(入会後にマイ友プログラムに登録)になると、マイ友プログラム入会ボーナスマイルは、もらえませんので、ご注意ください。

2.ANAダイナース入会キャンペーン2018年最新情報

キャンペーン終了しました。

f:id:rich_s:20181018144844p:plain

現在開催中のキャンペーンは、2018年11月30日(金)までのお申し込みが対象となり、最大で77,000マイルを獲得できます。

過去最大級のキャンペーンなので、お見逃しなく。

こちらからご入会いただけます。

マイルを貯めて至福の旅へ ANAダイナースカード

 

順に説明していきますが、キャンペーンはANAが提供するものとダイナースクラブが提供するものに分かれています。

詳細は、この図のとおりです。

 

f:id:rich_s:20181018144926p:plain

また、ANAダイナース入会後の利用金額に応じて、獲得できるマイル数をフローチャートにしましたので、あわせてご覧ください。

f:id:rich_s:20181018144943p:plain

2-1.ANAダイナース入会ボーナスマイルで2,000マイル

f:id:rich_s:20181018145009p:plain

こちらはエントリーの必要がありません。

入会と同時に2,000マイルを獲得できます。

マイ友プログラムに登録してから入会されていると思いますので、この入会ボーナスマイルが、2倍の4,000マイルになります。

2-2. ANAダイナース新規入会とキャンペーン参加登録で2,000マイル

f:id:rich_s:20181018145022p:plain

こちらは、参加登録するだけで獲得できるマイルです。

2019年1月15日(火)までにこちらのページの一番下にある「キャンペーンに参加する」ボタンを押して、参加登録が必要です。

ANAゴールドカード 入会キャンペーン2018│ANAマイレージクラブ

f:id:rich_s:20181018145120p:plain

f:id:rich_s:20181018145102p:plain

入力されている情報に間違いがないか確認し、「参加登録」のボタンをおすだけでエントリー完了です。

f:id:rich_s:20181018145226p:plain

2-3. 2019年1月15日(火)までに30万円以上の利用で15,000マイル

f:id:rich_s:20181018145252p:plain

特典2は、2019年1月15日(火)までに30万円以上利用すると15,000マイルがもらえるキャンペーンです。

ポイントは、「いつ入会しても、2019年1月15日(火)まで」という条件が変わらないところです。

つまり、早く申し込めば申し込むほど、楽に条件を達成できます。

家族カードやビジネスアカウントカードでご利用になられた分も、30万円の対象になります。

2-4.「ANAカードファミリーマイル」に登録で1,000マイル

f:id:rich_s:20181018145328p:plain

特典3も、登録だけでもらえるキャンペーンです。

ANAカードファミリーマイルに登録するだけで、1,000マイルが獲得できます。

ANAカードファミリーマイルとは?

f:id:rich_s:20181018145450p:plain

家族みんなで貯めたマイルを合わせて使うことができる便利な制度です。

詳しくは、こちらのページでご確認ください。

ANAカードファミリーマイル | ANAマイレージクラブ

 

ここまでがANAが提供するキャンペーンとなります。

マイルの積算時期ですが、特典1と3は、2019年2月下旬、特典2は2019年3月下旬を予定しています。

2-5. ANAダイナース入会後3ヵ月以内に50万円の利用で15,000マイル

f:id:rich_s:20181018145521p:plain

ここからがダイナースクラブのキャンペーンです。

入会後、3ヶ月以内の利用代金に応じて、マイルがもらえます。

3ヶ月の考え方については、この表のとおりです。

f:id:rich_s:20181018145550p:plain

2-6. ANAダイナース入会後3ヵ月以内にさらに50万円以上の利用で28,000マイル

f:id:rich_s:20181018145811p:plain

ANAダイナース入会後3ヵ月以内にさらに50万円以上ということなので、入会後3ヵ月以内に100万円を利用するという条件となります。

条件としては、なかなか厳しいですが、足りない時は、Amazonギフト券(チャージタイプ)の購入という手段があります。

Amazonのギフト券は、有効期限が10年ありますので、普段からAmazonを利用される方であれば、チャージしておいても使い切れますね。

2-7.キャンペーン期間中に家族カードとビジネス・アカウントカードに追加の入会で4,000マイル

f:id:rich_s:20181018145825p:plain

追加の入会で4,000マイル

最後の特典がこちらです。

家族カードは6,000円、ビジネスアカウントカードは2,000円の年会費がかかりますが、それぞれ、3,000マイル、1,000マイルが獲得できます。

1マイルの価値は、2円以上ですので、年会費を払ってもマイルで元が取れることになります。

www.mairu-kenkyuujyo.com 

もちろん1年目で解約することもできますので、利用しなくてもマイルのために申し込むのもアリです。

2-8. ANAダイナース利用ポイントとして10,000マイル

ANAダイナースカードは、還元率が1%なので、特典6の条件である100万円利用を達成することで、10,000マイル相当のポイントを獲得することができます。

 

以上が現在開催中のキャンペーンの全てです。

ダイナースのキャンペーンポイントは、2019年5月下旬に付与される予定です。

 

年会費の元をとるには?

年会費の元をとるには、1マイル=2円で計算すると、

29,160円(年会費)÷2円=14,580マイル以上獲得できれば、年会費の元を取れることになります。

もう一度、フローチャートを見てみましょう。

f:id:rich_s:20181018144943p:plain

2019年1月15日までに30万円以上利用することで、十分すぎるほどのマイル(34,000マイル)が獲得できます。

「3ヶ月で100万円」でもらえるマイル数は非常に魅力的ですが、まずは「2019年1月15日までに30万円」を目指して、カードの決済を集中されることをオススメします。

3.過去のキャンペーン情報

過去のキャンペーン情報も載せておきます。

2018年9月17日までのキャンペーン

f:id:rich_s:20180811151402p:plain

キャンペーン終了しました。

このとおり、ANAダイナースでは現在、最大55,000マイル獲得できる新規入会キャンペーンを実施しています。

 

お申し込み期限:2018年6月1日〜2018年9月17日お申し込み(2018年9月30日ご入会)

 

詳しく見ていきましょう。

f:id:rich_s:20180811151657p:plain

f:id:rich_s:20180811151706p:plain

と、なっています。

特典1

こちらは新規入会するだけで条件達成となります。

 

もちろん「マイ友プログラム」に登録してからのお申し込みの場合は、プラス2,000マイルの合計4,000マイルが新規入会特典分です。

特典2

3ヶ月で50万円の利用ですので、

 

500,000円÷3ヶ月≒166,666円/月のご利用で達成となります。

 

こちらも日常生活の決済をANAダイナースに集約すれば、クリアできそうですね。

特典3

これがなかなか難関です。

 

書き方が非常にややこしいのですが、「さらに50万円以上のご利用」と記載があるので、実際は、「3ヶ月で100万円利用してくださいね。」と書いてあります。

 

つまり、1,000,000円÷3ヶ月≒333,333円/月のご利用で達成となります。

 

結構厳しいですよね。

 

ダイナースカードの想定している顧客層であれば、そのくらい使うのが普通なのかもしれませんが、私のような一般サラリーマンには、厳しい条件となります。

 

そこで、奥の手として活用できるのが、「Amazonギフト券の購入」です。

 

あなたもAmazonをよく利用されているのではないでしょうか?

 

私も年中お世話になっております。

 

そんなAmazonで使えるギフト券は、オンラインでチャージができます。

 

3ヶ月で100万円の達成が難しいなと感じられた場合は、不足分をAmazonのギフト券チャージでまかなえば、無駄なく条件達成できます。

 

25,000マイルはの価値を換算すると、ファーストクラスの特典航空券で利用した場合は、1マイル=10円以上の価値がありますので、250,000円分のマイルと考えれば、こういった手法で獲得しておくのもありでしょう。

 

1マイルの価値についての考察は、こちらの記事でまとめていますので、ご覧ください。

特典4

こちらも注意が必要です。

  • 家族カードの入会・・・2,000マイル
  • ビジネス・アカウントカードの追加・・・1,000マイル

と記載がありますが、注意点があります。

 

ANAダイナースの家族カードは、年会費が6,000円(税抜)かかります。

 

f:id:rich_s:20180811153036p:plain

 

先ほど説明したとおり、ファーストクラスの特典航空券で利用した場合は、1マイル=10円以上の価値がありますので、20,000円分のマイルを6,000円で獲得できるという考え方もできます。

 

マイルを活用する予定があるのであれば、家族カードの申し込みもアリかと思います。

 

ビジネス・アカウントカードも同様です。

 

f:id:rich_s:20180811153314p:plain

 

こちらのカードの発行にも、きちんと年会費が2,000円(税抜)かかります。

 

こちらも家族カードと同様ですが、ファーストクラスの特典航空券で利用した場合は、1マイル=10円以上の価値がありますので、10,000円分のマイルを2,000円で獲得できるという考え方もできます。

4.ANAダイナースの5大メリット

4-1.カードの限度額がない

ANAダイナースカードには、一般的にクレジットカードに設定されているカード限度額がありません。

リフォームや輸入車ディーラーなど高額決済でも利用が可能なので、一気にマイルを貯めることができます。

4-2.4-3.ポイント移行の有効期限、マイル移行の上限がない

ANAダイナースカードのポイントには、移行期限も年間移行上限もありません。

ですので、例えばニューヨーク便ファーストクラスの特典航空券の交換に必要な150,000マイルをダイナースで貯めて、一気に交換できるという訳です。

ANAダイナースカードを使えば、マイルやポイントの有効期限に追われる生活からおさらばできます!

4-4.国内/海外800ヶ所以上の空港ラウンジが無料で利用できる

ゴールドカードやプラチナカードを比較しているとよく出てくる言葉が「プライオリティパスが無料」というものだと思います。

確かにプライオリティパスは便利で、今まで幾度となく利用させていただきましたが、このダイナースカードに付帯しているラウンジ無料特典も負けていません。

負けていないどころか、プライオリティパス対象外のところも無料で利用できることもあります。

どこのラウンジが利用できるか詳しくは、こちらのページでご確認ください。

空港ラウンジ|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード

4-5.エグゼクティブ・ダイニングでコース料理が1名無料

こちらもゴールドカードやプラチナカードによく付帯しているサービスのひとつです。

しかし、ダイナースカードは一味違います。

ダイナースカードは「創業者が食事に出かけた時、財布を忘れて支払いが出来なかった。支払い能力があるのに恥ずかしい体験をした。彼は、友人の弁護士とともに、現金を持たなくても支払いが出来る制度を考え出した」という体験が創業の動機とされており、食事に関することが起源となっています。

ですので、1名無料特典も他のクレジットカードに比べ、非常に充実したラインナップとなっています。

対象施設については、こちらでご確認ください。

エグゼクティブ ダイニング|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード

5.その他ANAダイナースの特典

5-1.プラチナカードレベルの特典・優待が盛りだくさん

ダイナースカードは、カテゴリー上ではゴールドカードに分類されますが、プラチナカードに引けを取らない特典・優待が盛りだくさんです。

などなど、書ききれないほどのサービスが付いています。

詳しくはカード申し込みページでご確認ください。

ANAダイナースカード|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード

5-2.最高1億円の海外旅行保険

海外旅行の際、不安になるのが保険ですよね。

ANAダイナースにはもちろん十分な補償が付いています。

傷害死亡・後遺障害最高億円をはじめ、様々な保険があなたの旅を安心に変えます。

5-3.スーパーフライヤーズ(SFC)の特典の一部が利用可能

「スーパーフライヤーズカード」という特別なカードをご存知でしょうか?

一度会員資格を手に入れてしまえば、半永久的に上級会員向けのサービスが受けられるという驚愕のカードなのです。

特典を紹介すると・・・

  • プレミアムメンバー専用サービスデスク
  • ラウンジのご利用
  • 座席クラスのアップグレード
  • プレミアムエコノミーへの変更
  • 国内線座席指定の優先
  • ご予約時の空席待ちの優先
  • 国際線特典航空券の優先
  • 優先チェックインカウンター
  • 手荷物受け取りの優先
  • 手荷物許容量のご優待
  • 専用保安検査場のご利用
  • 優先搭乗のご案内
  • 空港での空席待ちの優先お取り扱い
  • イカー・バレーのご優待(成田空港)
  • 羽田空港駐車場の優先予約
  • 香港国際空港の優先レーン
  • アップグレードポイント
  • フライトボーナスマイル
  • マイルからANA SKYコインへ特別倍率で交換
  • アップグレードポイントからANA SKYコインへの交換
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパンでのご優待
  • スーパーフライヤーズ会員オリジナルネームタグ
  • プレミアムメンバー限定ANAセレクション
  • ライフスタイルマガジン『ana-logue』
  • 会員限定手帳・カレンダーのプレゼント

といった、至れり尽くせりの特典内容になっています。

特に、ANAラウンジの利用・優先チェックインカウンター・専用保安検査場などは、あなたの旅を一層快適なものにしてくれることは間違いありません。

と、ここまではSFCについての解説ですが、ANAダイナースカードを持っているだけで、この特典の中でも特に有用な特典が利用できます。

それがエコノミークラス利用時にも、ビジネスクラスカウンターが使えるということです。

5-4.家族カード作成OK

入会キャンペーンのところでも記載しましたが、ANAダイナースカードは、家族カードが作れます。

年会費6,000円で3,000マイルが獲得できるのは、お得です。

5-5.Edyチャージでもマイルが貯まる

コンビニなど日常生活で幅広く使える電子マネーEdyですが、こちらのチャージをしたときにも、200円(税込)につき1マイルが貯まります。

塵も積もれば山となりますので、Edyをご利用される方は、ぜひご活用ください。

5-6.ENEOSエネオス)でガソリン給油してマイルがもらえる

ガソリンを入れるときにもANAダイナースの利用をお忘れなく。

エネオスでは、ダイナースのポイントとは別に、さらにANAカードでのクレジット決済100円(税込み)=1マイルが貯まります。

ダイナース側でも100円につき1マイル(1ポイント)貯めることができますので、100円の決済あたり2マイルも貯まる計算になります。

6.実質年会費は無料?

ANAダイナースカードの年会費は、27,000円(税抜)です。

しかし、現在開催中のキャンペーンで最大79,000マイル貯めることができます。

繰り返しの説明になりますが、ファーストクラスの特典航空券で利用した場合は、1マイル=10円以上の価値がありますので、790,000円分のマイルをたったの27,000円で獲得できるという考え方もできます。

79,000マイルあれば、ハワイだって無料で行けてしまいます。

ぜひこのお得なキャンペーンの機会に、ANAダイナースに入会しましょう。

(事前にマイ友プログラムへの登録をお忘れなく)

『マイ友プログラム』に登録する | ANAマイレージクラブ

7.ANAダイナースプレミアムカードへは、まずはこのカードから

ANAカードの最高峰である「ANAダイナース プレミアムカー

こちらのカードは、完全招待制でANAダイナースでしっかりと実績を積む以外に入手する方法はありません。

年収は、最低1,000万円と言われています。

条件を達成されている方は、ぜひチャレンジしてください!

8.お安くANAゴールドカードを持ちたいならVISA(ビザ)がオススメ

ANAダイナースの唯一のデメリットは年会費です。

しかし、先ほど説明したとおり、実質、年会費は無料のようなものです。

どうしても「もっと年会費を抑えたANAゴールドがいい!」という方は、「ANA VISA ワイドゴールドカード」がオススメです。

年会費は1万円を切る、リーズナブルなANAゴールドカードです。

詳しくはこちらの記事にまとめてありますので、ご覧ください。

www.mairu-kenkyuujyo.com

9.ANAダイナース入会キャンペーンまとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018年最新キャンペーンでANAダイナースカードに申し込むと獲得できるマイルは、最大79,000マイルでした。

その方法は、この2ステップでしたね。

  1. マイ友プログラムに登録する
  2. ANAダイナースカードを申し込んで、キャンペーンの条件を達成する

79,000マイル獲得の条件は、3ヶ月以内に100万円利用という大きなハードルがありますが、過去最大級のキャンペーンですので、達成可能な方は、この機会をお見逃しなく。

この機会にANAダイナースを申し込んで、大量マイルをゲットしましょう!

ANAダイナースカード(公式)

 

この記事が少しでも役立ったと思ったら、ぜひ、はてなブックマークTwitterなどで周りの方にもシェアしてもらえると嬉しいです。

多くの方に読んでもらうことができれば、さらなる記事更新へのモチベーションアップに繋がります。