SPGアメックス紹介入会キャンペーンで94,000ポイント獲得する方法

dアカウントの作り方【実際の画面で詳しく解説します】

  • ドコモユーザーじゃないけど、dポイントを貯めるために、dアカウントを作りたい。
  • そもそもdアカウントって誰でも作れるの?

この記事では、こんな要望に応えます。

 

本記事の内容

  • dアカウントを作れる対象がわかる
  • dアカウントの作り方がわかる

こんにちは!

マイル研究所(@mairukenkyuujyo)のまるのすけです。

 

ドコモのサービスを利用するために必要となるのが、「dアカウント」

今回は、dアカウントの作り方をメインに徹底解説していきます。

1.dアカウントは、誰でも作れるの?

f:id:rich_s:20181024214838p:plain

出典元:dアカウント(公式)

dアカウントは、ドコモが運営するアカウントです。

そう聞くと、ドコモの何かしらのサービスを利用していないと、登録できないと思っている方も多いかもしれません。

しかし、dアカウントは、どなたにでもお作りいただけます。

dアカウントを作ると、ドコモ関係のサービスが利用でき、このように非常に充実したラインナップとなっています。

f:id:rich_s:20181024214853p:plain

f:id:rich_s:20181024214855p:plain

出典元:dアカウント(公式)

なかでも、私はdカードゴールドとdマガジンを愛用しています。

2.dアカウントの作り方

では早速、dアカウントの作り方を説明していきます。

実際の画面を使って説明していきますので、どなた様にでも、確実に登録完了まで進んでいただけます。

2−1.dアカウントの発行

まずは、こちらのページにアクセスしていただきます。

dアカウント – dアカウント発行 – メールアドレス登録

2−2.dアカウントにメールアドレスを登録する

アカウント登録の方法は、4種類ありますが、今回は、メールアドレスでの登録の方法を説明していきます。

メールアドレスを入力し、「次へ」を押します。

f:id:rich_s:20181024215047p:plain

メールアドレスの確認画面になりますので、間違いがないか、再度チェックし、「次へ進む」を押します。

f:id:rich_s:20181024215107p:plain

2−3.ワンタイムキーを確認する

すると、入力したメールアドレス宛に、このようなメールが届き、メール本文にワンタイムキーが記載してあります。

f:id:rich_s:20181024215235p:plain

2−4.dアカウントにワンタイムキーを入力する

メール本文内のワンタイムキーを確認した後、このワンタイムキーを画面に入力します。(ワンタイムキーの有効期間は10分です)

f:id:rich_s:20181024215255p:plain

入力が完了すれば、次にdアカウントのID登録をします。

好きな文字列、メールアドレスどちらでも登録が可能です。

f:id:rich_s:20181024215309p:plain

ID、パスワードの管理は、私は一括して「1password」というアプリで行なっており、全てのデバイスで同期することができますので、非常に便利です。

ただし、マスターパスワードだけは、絶対に忘れてはいけないので、ご注意ください。

2−5.dアカウントに基本情報を入力する

ID登録が完了すれば、必要情報を入力していきます。

ここでも、「1password」に登録しておくことをお忘れなく。

入力が完了すれば、「次へ進む」を押します。

f:id:rich_s:20181024215332p:plain

f:id:rich_s:20181024215338p:plain

入力内容に誤りがないか確認し、利用規約をお読みいただき、「規約に同意して次へ」を押します。

f:id:rich_s:20181024215359p:plain

2−6.dアカウントの発行完了

これでdアカウントの登録が完了です。

f:id:rich_s:20181024215417p:plain

登録したメールアドレス宛にも、登録完了メールが届いているか、確認しておきましょう。

f:id:rich_s:20181024215429p:plain

3.dアカウントまとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ドコモ料金が10%オフになる「dカードゴールド」の申し込み、雑誌読み放題の「dマガジン」の登録には、dアカウントが必要です。

この機会に登録しましょう。

この記事が少しでも役立ったと思ったら、ぜひ、はてなブックマークTwitterなどで周りの方にもシェアしてもらえると嬉しいです。

多くの方に読んでもらうことができれば、さらなる記事更新へのモチベーションアップに繋がります。