SPGアメックス紹介入会キャンペーンで139,900ポイント獲得する方法

ハピタスでANAマイルを年間254,400マイルを貯める方法まとめ【2019最新版】

ANAマイルを貯めたい人

ハピタスを使えば、ANAマイルをたくさん貯められるみたいだけど、どうやって貯めるんだろう。
本記事では、このようなお悩みにお答えします。

まるのすけ

この記事の内容
ハピタスでANAマイルを年間254,400マイルを貯める方法を紹介【2019年最新版】

こんにちは!

マイル研究所のまるのすけ(@mairukenkyuujyo)です。

 

ハピタスでANAマイルを年間254,400マイルを貯める方法について知りたいですか?

本記事では、ハピタスでANAマイルを年間254,400マイルを貯める方法の2019年最新版を紹介します。

これさえあれば、あなたも簡単にマイルを貯めることができますよ。

1.ハピタスでANAマイルは年間254,400マイル貯めることができる

老舗のポイントサイト「ハピタス」を活用することで、ANAマイルを貯めることができます。

では、ハピタスでANAマイルを年間何マイル貯めることができるかご存知でしょうか?

答えは「254,400マイル」です。

では、その内訳と254,400マイルあれば、何ができるのか解説します。

1−1.ハピタス経由での年間254,400マイルの内訳

ハピタス経由での年間254,400マイルの内訳は、次のとおりです。

  • ハピタスソラチカルート:16,200マイル×12ヶ月=194,400マイル
  • ハピタスTポイントルート:5,000マイル×12ヶ月=60,000マイル
  • 194,400マイル+60,000マイル=254,400マイル

 

交換方法を図にすると、このようになります。

ANAマイルを貯めたい人

なんでハピタスから毎月30,000ポイントしか交換しないの?
ハピタスからのポイント交換は、毎月30,000ポイントまでと決まっているんですよ。

まるのすけ

ハピタスから30,000ポイント分をANAマイルに交換して、余った分のポイントの有効活用方法は、後述します。

1−2.ハピタス経由で毎月21,200マイルを貯めると何ができるのか

年間254,400マイル=月間21,200マイルを貯めることができると、実際に何ができるか、少しだけ紹介します。(東京在住と仮定します)

国内線の場合

  • 毎月沖縄へ旅行
  • 年に6回ペアで沖縄旅行
  • 家族4人の場合、年に3回沖縄旅行

もちろん沖縄を例に挙げましたが、日本全国どこへでも無料で行くことができます。

 

国際線の場合

  • 毎月韓国、北京、香港、台湾などのアジア圏へ海外旅行
  • 年に1回家族4人でハワイ旅行
  • 年に2回ビジネスクラスでペアでハワイ旅行
  • 年に1回ファーストクラスでシンガポールやバンコクへペアで旅行

このように夢のような旅行生活が待っています。

もちろん、この例のように毎年マイルを使わずに、マイルを貯めてファーストクラスでアメリカやヨーロッパへ旅行へ行くこともできます。

2.ハピタスでANAマイルを貯めるために準備するもの

では、実際にハピタスでANAマイルを貯めるために準備するものを紹介します。

必要なものは7つあります。

  1. ハピタスへの登録
  2. PeXへの登録
  3. 三井住友カード(ANA VISA nimocaカード)への入会
  4. Gポイントへの登録
  5. LINEの登録
  6. ソラチカカードへの入会
  7. Tカード(Yahoo! JAPANカード)への入会

 

では、それぞれ順に解説します。

2−1.ハピタスへの登録

まずは、ハピタスに登録しなければ、ポイントを貯めることができません。

こちらのバナーからご登録いただきますと、ささやかながら30円相当のポイントをプレゼントしています。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

2−2.PeXへの登録

ポイント交換のためにPeXへ登録する必要がありますので、こちらからご登録ください。

PeXへ登録

 

また、登録方法についてもこちらの記事で解説していますので、必要な方はご覧ください。

PeXの登録方法【スマホ・パソコンそれぞれ解説】

2−3.三井住友カード(ANA VISA nimocaカード)への入会

ポイント交換のために三井住友カードの「ワールドプレゼント」を利用するので、三井住友カードが必要となります。

一般的な三井住友VISAカードへ入会しても良いのですが、せっかくANAマイルを貯めるのであれば、カード継続だけでANAマイルを獲得できる「ANA VISA nimocaカード」へ入会されることをオススメします。

 

ANA VISA nimocaカードのお得な入会方法は、こちらの記事で解説しています。

ハピタス経由でANA VISA nimocaカード入会で18,000マイル超キャンペーン

2−4.Gポイントへの登録

ポイント交換のためにGポイントへ登録する必要があります。

こちらのバナーからご登録いただきますと、ささやかながら50円相当のポイントをプレゼントしています。

Gポイント

 

また、登録方法についてもこちらの記事で解説していますので、必要な方はご覧ください。

Gポイントの登録方法【スマホ・パソコンそれぞれ解説】

2−5.LINEの登録

ポイント交換にLINEポイントを利用するので、LINEの登録が必要となります。

また、マイル研究所では、LINE@を開設しており、登録者限定の情報も不定期でお届けしていますので、興味のある方は、こちらのボタンからご登録ください。

友だち追加

2−6.ソラチカカードへの入会

ハピタスからANAマイルへの交換の王道ルートである「ソラチカルート」を利用するために、ソラチカカードが必要となります。

 

ソラチカカードのお得な入会方法は、こちらの記事で解説しています。

ソラチカカード最新紹介入会キャンペーン【2019年最新版】

2−7.Tカード(Yahoo! JAPANカード)への入会

最後に、Tポイントルートを利用するためにTポイントを利用できるカードへ入会する必要があります。

Tポイントが利用できるカードであれば良いので、絶対にYahoo! JAPANカードでないといけないわけではありませんが、入会で大量のTポイントを獲得できる上、年会費も永年無料のYahoo! JAPANカードが個人的にはオススメです。

 

Yahoo! JAPANカードのお得な入会方法は、こちらの記事で解説しています。

Yahoo!JAPANカード週末入会キャンペーンで17,000円の入会ポイント【2019年最新版】
ここで一旦ひとやすみ
これでハピタスでポイントを貯める準備は完了するのですが、ここでひとつ経験からお話をしておきます。

ハピタスでANAマイルを貯めるために最大でクレジットカードを3枚作ることになりますが、クレジットカードのお申し込みは同時に複数枚申し込むと、審査落ちする可能性が高くなります。

ポイント交換にも時間がかかりますので、ひと月に1枚のペースで作っていけば十分に間に合います。

カード作成は、「ANA VISA nimocaカード⇒ソラチカカード⇒Yahoo! JAPANカード」の順番がオススメです。

 

※ANAのゴールドカードへ入会される予定の方は、先にANAのゴールドカードへご入会ください。

こちらの記事でも解説していますが、お得に入会できるANAカードの紹介システム「マイ友プログラム」は1回しか利用することができませんので、ANAのゴールドカードへ先に入会しないと1,500マイルも損をしてしまいます。

マイ友プログラムに登録してANAカードにお得に入会【ポイントサイト併用可】

3.ハピタスでのポイントの貯め方

では、実際にハピタスでポイントをどうやって貯めていくかですが、これを解説するのには非常にボリュームを必要としますので、別記事としています。

こちらをご覧ください。

【初心者OK】ハピタスで大量にポイントを稼ぐ活用方法4選【図解解説】

4.ハピタスからANAマイルへの交換方法

ハピタスでポイントを貯めた後は、いよいよANAマイルへの交換です。

ハピタスからANAマイルへの交換方法は4つあり、年間254,400マイル貯めるために使うルートは2つです。

  1. ソラチカルート
  2. Tポイントルート

 

では、それ以外の2つもあわせて紹介します。

4−1.ハピタスソラチカルート

まずは、王道の「ソラチカルート」です。

前述のソラチカカードを利用するので、ソラチカルートと呼ばれています。

 

ハピタスソラチカルートについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

ハピタスポイントをソラチカルートでANAマイルに交換する方法

4−2.ハピタスTポイントルート

そして、「Tポイントルート」です。

こちらのTポイントを経由するので、Tポイントルートと呼ばれています。

 

ハピタスTポイントルートについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

ハピタスポイントをTポイントルートでANAマイルに交換する方法

4−3.ハピタスその他のルート

残る2つは「ハピタスnimocaルート」と「ハピタス楽天ポイントルート」です。

現在は、ソラチカルートとTポイントルートでANAマイルを最大化することができていますが、今後どうなるかはわかりません。

ANAマイルの貯め方が変わった時のためにもこの2つのルートも覚えておいてください。

ハピタスポイントをnimoca(ニモカ)ルートでANAマイルに交換する方法 ハピタスポイントを楽天ポイントルートでANAマイルに交換する方法

5.ハピタスポイントをなぜANAマイルに交換するのか

では、「ハピタスポイントをなぜANAマイルに交換するのか」という点について、説明します。

もちろん「無料で旅行へ行くため」というのはありますが、1マイルの価値について考えたことはありますか?

ハピタスのポイントは、そのまま利用すると1ハピタスポイント=1円の等価交換です。

しかし、ANAマイルに交換すると、その価値は使い方によっては15円以上にも跳ね上がります。

ですので、ハピタスポイントはそのまま利用するのではなく、ANAマイルに交換するのが非常にお得です。

 

1マイルについてもっと知りたい方は、こちらの記事で詳しく考察していますので、あわせてご覧ください。

1マイルの価値は何円?ANA・JAL・ビジネスクラス徹底比較

6.ANAマイルの使い方

では、ANAマイルへ交換が完了し、実際に利用する方法について解説します。

ANAマイルを貯めても使わなければ、意味がありません。

ここでは、利用頻度の高いANA国内線特典航空券とANA国際線特典航空券への交換方法について、紹介します。

6−1.ANA国内線特典航空券の交換方法

まずは、「ANA国内線特典航空券の交換方法」です。

前述しましたが、年間254,400マイルを貯めることができれば、毎月日本全国へ旅行することができます。

 

ANA国内線特典航空券の交換方法については、こちらの記事で解説しています。

ANA国内線特典航空券の予約方法【裏ワザあり】

6−2.ANA国際線特典航空券の交換方法

そして「ANA国際線特典航空券の交換方法」です。

マイルを貯める醍醐味といえば、このANA国際線特典航空券です。

普通に購入すると数十万円するビジネスクラスのチケットや100万円以上するファーストクラスのチケットと交換するのは、ひとつの夢ですね。

 

そんなANA国際線特典航空券の交換方法については、こちらの記事で解説しています。

ANA国際線特典航空券の予約方法【裏ワザあり】

7.ハピタスポイントのANAマイル以外の使い道

前述したとおり、ハピタスから毎月交換できるポイント上限は30,000ポイントまでです。

しかし実は、ハピタスから30,000ポイントを超えてポイント交換をする方法があります。

その方法が「ポレットカード(Pollet MILLION)へのチャージ」です。

ポレットカード(Pollet MILLION)は、VISAブランドのプリペイドカードで、世界中のVISA加盟店で利用することができます。

 

ポレットカード(Pollet MILLION)については、こちらの記事でより詳しく解説しています。

ポレットカードの発行方法【今なら無料で発行可能】 ポレットカードの発行方法【今なら無料で発行可能】

8.ハピタスでANAマイルを年間254,400マイルを貯める方法まとめ

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

 

この記事では、ハピタスでANAマイルを年間254,400マイルを貯める方法を紹介しました。

この記事をご覧いただき、実際にANAマイルを貯めて、素敵な旅に出かけることで、豊かな人生を送られることをお祈りしています。

 

また、ハピタス以外にもANAマイルを貯める方法はたくさんあります。

もっとANAマイルを貯める方法を知りたい方は、こちらの無料メールセミナーをお申込みください。

【全28回】無料マイルセミナーのご案内【ゼロからはじめる、100万円得するマイル講座】

 

まるのすけ

この記事が少しでも役立ったと思ったら、ぜひ、はてなブックマークやTwitterなどで周りの方にもシェアしてもらえると嬉しいです。

多くの方に読んでもらうことができれば、さらなる記事更新へのモチベーションアップに繋がります。