SPGアメックス紹介入会キャンペーンで94,000ポイント獲得する方法

【初心者でも年間10万マイル貯まる】おすすめクレジットカードとポイントサイト

本記事は、このような悩みをかかえている方にオススメです。

  • 陸マイラーになりたいけど、何からはじめたらいいのかわからない
  • 飛行機に乗らずにマイルを貯めて、旅行へ行きたい

 

本記事の内容

  • 初心者向けの陸マイラー入門講座
  • 飛行機に乗らずに、カンタンに年間10万マイル貯める方法

こんにちは!

マイル研究所(@mairukenkyuujyo)です。

 

ANAJALのマイルって、飛行機に乗って貯めると思っていませんか?

正直、それだけではなかなか貯まらず、特典航空券なんて、夢のまた夢ですよね。

そんな夢を叶える方法が「陸マイラー」になるということです。

本記事では、完全初心者でも毎年10万マイルを貯めれるようになる方法を紹介します。

1.ANAJAL貯めるなたどっちがオススメ?徹底比較

日本を代表する航空会社

ANAJAL

似ているようで、しっかりと違いのある2社です。

サービス面の違いはもちろんありますが、この記事では「マイルの貯めやすさ」という観点から比較していきます。

1−1.ANAのメリット・デメリット

f:id:rich_s:20180822104840p:plain

メリット

  1. マイルの貯めやすさ
  2. 陸マイラー人口が多いため、情報量が多い

ANAマイルのメリットは、何と言っても「マイルの貯めやすさ」です。

陸マイラーの中で「ソラチカルート」と言われる、ソラチカカードを使ったポイント交換方法で、ポイントサイトで貯めたポイントを最大81%の高レートで交換することができます。

www.mairu-kenkyuujyo.com

また、陸マイラー全体の人口を見ても、世の中に情報量が多いということもメリットのひとつです。

デメリット

ANAマイルを貯めている人口が多いので、特典航空券の倍率が高いことがデメリッです。

しかし、このデメリットは、修行(※)をし、「スーパーフライヤーズカード」を手に入れることで少し解消されます。

※修行とは…スーパーフライヤーズカードの申し込み条件を達成するために、ひたすら飛行機に乗って、FP(フライトポイント)を貯めること

1−2.JALのメリット・デメリット

f:id:rich_s:20180822104901p:plain

メリット

JALマイルのメリットは、マイル使用時にあります。

  1. ANAよりも陸マイラーが少ないので、特典航空券が取りやすい
  2. 特典航空券に必要なマイル数が、ANAよりも少ない

ANAと逆で、陸マイラー人口が少ないため、特典航空券の競争率も、もちろん低くなります。

そして、特典航空券との交換に必要なマイル数が、JALの方が少ないことが挙げられます。

例えば、レギュラーシーズンの場合、東京⇆沖縄の特典航空券で必要なマイル数は

  • ANA 9,000マイル
  • JAL 7,500マイル

と、1,500マイルも差があります。

路線によっては、こうしてJALの方がお得にマイルを特典航空券と交換ができます。

デメリット

JALは、ANAと違って、マイルを貯める方法が限られています。

その中でも、初心者が年間10万マイル貯めるために必要な「クレジットカード」と「ポイントサイト」を次の章で紹介していきます。

2.陸マイラー初心者が使うべきクレジットカードとポイントサイト

では、初心者の方でも、年間10万マイル貯めるために必要な「クレジットカード」と登録すべき「ポイントサイト」を紹介していきます。

2−1.クレジットカード(ANAマイルを貯める場合)

ANAマイルを年間10万マイル貯めるために必要なクレジットカードは、2枚です。

  1. ソラチカカード
  2. SPGアメックスカードまたはアメックスゴールドカード

では、それぞれのカードについて説明していきます。

ソラチカカード

f:id:rich_s:20180821140652p:plain

まず、絶対最初に作らなければ効率的にマイルを貯めることができないカードが「ソラチカカード」です。

ソラチカカードがないと、上で説明した「ソラチカルート」を活用することができず、マイルの交換レートが著しく下がってしまいます。

ソラチカカードのお得な申し込み方法は、こちらの記事にまとめています。

www.mairu-kenkyuujyo.com

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

f:id:rich_s:20180822105333p:plain

通称「SPGアメックス」と呼ばれているこのカード。

年会費はかかりますが、1.25%という高還元率でANAマイルが獲得できるクレジットカードです。

また、貯めたポイントは、ホテルの宿泊にも使え、私は、先日京都の超高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン京都」に無料宿泊してきました。

www.mairu-kenkyuujyo.com

こちらのカードも、当サイト読者様限定の紹介制度でお得にお申し込みいただけます。

f:id:rich_s:20180926160808p:plain

こちらの記事で詳細を確認の上、お申し込みください。

www.mairu-kenkyuujyo.com

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

f:id:rich_s:20180822105757p:plain

通称アメックスゴールドと呼ばれているこちらのカードは、プラチナカード並みの特典・サービスが付いており、マイル還元率の%と高還元率のカードです。

さらに、当サイト読者様限定の紹介制度からお申し込みいただくと、限定特典がついてきます。

f:id:rich_s:20180926153649p:plain

こちらの記事で詳細を確認の上、お申し込みください。

 

2−2.クレジットカード(JALマイルを貯める場合)

JALマイルを年間10万マイル貯めるために必要なクレジットカードは、たったの1枚です。

  1. スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)

JALの場合は、この1枚で年間10万マイル、JALマイルを貯めることができます。

JALカードを作らないの?」という疑問があるかと思いますが、その必要はありません。

ただし、マイルを貯めるためにJMB(JALマイレージバンク)には入会する必要がありますので、入会がお済みでない場合は、こちらから先に登録しておくと、スムーズにマイルを貯め始めることができます。

JALマイレージバンク – マイルをためる・つかう

では、SPGアメックスの詳細について、再度掲載させていただいます。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

f:id:rich_s:20180822105333p:plain

通称「SPGアメックス」と呼ばれているこのカード。

年会費はかかりますが、1.25%という高還元率でANAマイルが獲得できるクレジットカードです。

また、貯めたポイントは、ホテルの宿泊にも使え、私は、先日京都の超高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン京都」に無料宿泊してきました。

www.mairu-kenkyuujyo.com

こちらのカードも、当サイト読者様限定の紹介制度でお得にお申し込みいただけます。

f:id:rich_s:20180926160808p:plain

こちらの記事で詳細を確認の上、お申し込みください。

www.mairu-kenkyuujyo.com

2−3.ポイントサイト(ANAマイルを貯める場合)

続いては、マイルを貯めるために登録するポイントサイトについてです。

ANAマイルを、年間10万マイル貯めるために登録が必要なポイントサイトは、たったの2つです。

  1. Gポイント
  2. ポイントタウン

この2つです。

では、それぞれ詳細を解説していきます。

Gポイント

f:id:rich_s:20180821092304p:plain

こちらのサイトは、各種ポイントを効率よくANAマイルに交換するために、必須となるポイントサイトです。

ポイントの交換ルート(通称:ソラチカルート)については、こちらの記事に詳しくまとめています。

登録は無料で、さらに当サイト読者様限定で、このサイトからお申し込みいただくと、50円相当のポイントをプレゼントしています。

f:id:rich_s:20180926161201p:plain

ポイントタウン

f:id:rich_s:20180821092524p:plain

楽天Yahoo!ショッピングをされるときに経由するだけで、マイルに交換できるポイントが貯まるのが 「ポイントタウン」です。

登録は無料で、さらに当サイト読者様限定で、このサイトからお申し込みいただくと、300円相当のポイントをプレゼントしています。

f:id:rich_s:20180926153721p:plain

2−4.ポイントサイト(JALマイルを貯める場合)

JALマイルを年間10万マイル貯めるために登録が必要なポイントサイトは「ひとつだけ」です。

  1. モッピー

このモッピーというポイントサイトだけでOKです。

モッピー

f:id:rich_s:20180822112158p:plain

モッピーは、貯めたポイントを直接JALマイルに交換できる上に、最大80%という高レートで交換することができます。

ANAマイルのソラチカルートでも最大81%ですので、手軽さを考えると驚異的な交換率です。

f:id:rich_s:20181115055629p:plain

モッピーへの登録も、当サイト読者様限定の特典があります。

当サイトからのご登録で、最大1,300円相当のポイントをプレゼントしています。

f:id:rich_s:20180926155908p:plain

3.無料で年間10万マイル貯める方法

これで、マイルを貯め始める準備は整いました。

では、実際にどうやって10万マイルを貯めていくか、解説していきます。

3−1.10万マイルあれば、毎年ふたりでハワイ旅行へ行ける

まず、10万マイルあれば、何ができるのかというお話をしておきます。

わかりやすい例で言うと、「無料でハワイにペアで旅行へ行けます

日本とハワイの往復特典航空券との交換に必要なマイル数は、ひとり40,000マイルです。

ふたりで80,000マイル使っても、まだ20,000マイル余ります。

余ったマイルで、さらに国内旅行へ行くのもよし、来年またハワイに行くために、そのまま貯めておくのもいいでしょう。

3−2.徹底的にクレジットカードで支払う

上で紹介したクレジットカードが届けば、日常生活のありとあらゆる支払い・決済を1枚のクレジットカードに集中してください。

電気・ガス・水道などの公共料金はもちろん、携帯電話料金、ネットショッピング、レストランの支払い、そしてコンビニなどでの少額決済に到るまで、徹底的に1枚のクレジットカードを使い倒してください。

家賃がクレジットカードで支払いできる場合は、そこまで徹底してください。

SPGアメックス・アメックスゴールドどちらのカードをお使いの場合も、100円ごとに1マイル以上が貯まります。

日々の決済に使っていただくだけで、気づけばマイルが溜まっていたという状況になります。

また、アメックスゴールドの場合は、利用実績を積み上げていくと、真のプラチナカードと呼ばれる「アメックスプラチナ」へ招待される可能性もあります。

アメックスプラチナについては、こちらの記事でまとめています。

3−3.ポイントサイトを絶対に経由する

さらに、ネットショッピングでは、ポイントサイトを経由することを忘れないようにしていください。

例えば、楽天市場Yahoo!ショッピングを使うときは、必ずポイントサイト(上で紹介したポイントタウンモッピー)を経由してください。

ポイントサイトを経由することで、購入金額の1%以上がポイント還元されます。

f:id:rich_s:20180822113514p:plain

もちろんこれは、楽天市場で獲得できるポイントとは別に獲得できるポイントです。

のポイント3重取りがこれで可能です。

例えば、楽天市場で日用品であるティッシュペーパーを買うとします。

f:id:rich_s:20180822134417j:plain

こちらの商品は、「ポイント10倍」なので、楽天市場のポイント、楽天スーパーポイントが通常1%の10倍の、500円分もらえます。

さらにこれを、SPGアメックスで決済すると、1.25%の還元率でマイルが獲得できます。

この商品を買って、獲得できるポイントは、

  • ポイントサイトのポイント1%→50円相当のポイント
  • 楽天市場のポイント1%×10倍=10%→500円相当のポイント
  • SPGアメックスのポイント→150ポイント

全てマイルに交換すると

  • ポイントサイトのポイント→ANAマイルの場合 40.5マイル
  • 楽天市場のポイント→250マイル
  • SPGアメックスのポイント→62.5マイル

合計353マイル獲得できます。

1マイルの価値は2円〜15円程度ですので、最大で353マイル×15円=5,295円となり、5,000円の買い物をして、5,295円相当のマイルが獲得できることになります。

こうしてうまくポイントを三重取りすれば、購入金額よりも、もらえるマイルの方が高いという裏技が使えてしまいます。

1マイルの価値については、こちらの記事で実際の航空運賃から検証しています。

ポイントの効率的なマイルへの交換方法は、こちらの記事にまとめています。

 

4.貯めたポイントは、効率的に交換

貯めたポイントは、1ポイントたりとも無駄にしては行けません。

効率的にマイルに交換すれば、ANAであれば81%の交換率で、JALであれば、80%の交換率でマイルに交換することができます。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

 

5.マイルの価値が最大になる使い方・ゾーン

マイルの価値は、使い方によって大きく異なります。

特に国際線の特典航空券に交換する場合は、ANAであれば、ゾーンと言って、エリアによって価値が大きく変動するので、まずは初心者の方は、「マイルを使うときはできる限り遠い国への特典航空券に交換するとお得」と覚えておいてください。

5−1.1マイルの値段を計算してみた

実際に、1マイルの記事を計算してみた記事がこちらです。

www.mairu-kenkyuujyo.com

6.まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事では、

  • 初心者向けの陸マイラー入門講座
  • 飛行機に乗らずに、カンタンに年間10万マイル貯める方法

について、解説しました。

最後にもう一度、ANAJALそれぞれのマイルを貯めるために必要なクレジットカード・ポイントサイトをまとめておきましょう。

ANAマイルを年間10万マイル貯めるには、

  1. ソラチカカードを作る
  2. SPGアメックスカードまたはアメックスゴールドカードを作る
  3. ポイントタウンに登録する
  4. Gポイントに登録する

の4つが必要です。

JALマイルを年間10万マイル貯めるには、

  1. SPGアメックスカードを作る
  2. モッピーに登録する

の2つが必要です。

どちらのマイルを貯めるかは、あなたの好みです。

どちらにしても、この記事に書いてあることを徹底的に実践すれば、年間10万マイルは

夢ではありません。

この記事がお役に立てば、下のソーシャルボタンから記事をシェアしていただけますと、幸いです。