SPGアメックス紹介入会キャンペーンで139,900ポイント獲得する方法

SPGアメックスとJCBプラチナを徹底比較【付帯サービスが特徴的】

本記事は、このような悩みをかかえている方にオススメです

  • SPGアメックスカードとJCBプラチナカードどちらのカードを申し込もうか迷っている
  • 2枚のカードのメリット・デメリットを知りたい

本記事の内容

  • SPGアメックスカードとJCBプラチナカードを徹底比較

こんにちは!

マイル研究所(@mairukenkyuujyo)のまるのすけです。

SPGアメックスとJCBプラチナカードどっちがお得か知りたいですか?

本記事では、SPGアメックスとJCBプラチナカードの基本情報からカード独自サービスまで徹底比較します。

この記事を読めば、あなたがどちらのカードを申し込むべきか解決します。

f:id:rich_s:20190110111506p:plain

1.SPGアメックスとJCBプラチナカードを徹底比較

まずは、大まかに2枚のカードを比較し、詳しい比較について解説します。

項目ごとの比較表は、こちらです。

SPGアメックスJCBプラチナ
年会費31,000円+税25,000円+税
家族カード15,500円+税1名無料、2人目より1名につき3,000円+税
ANAマイル還元率最高1.25%0.3%~
ポイント有効期限実質無期限2年
継続特典無料宿泊(1泊2名まで)なし
空港ラウンジ
手荷物無料宅配サービス
旅行傷害保険最高1億円最高1億円
航空便遅延費用補償
海外旅行先での日本語サポート
ショッピング・プロテクション年間最高500万円/90日年間最高500万円/90日
その他の独自サービスSPG/マリオットゴールド
キャンセルプロテクション
リターンプロテクション
コンシェルジュサービス
グルメベネフィット
ダイニング30

では、それぞれ解説します。

1−1.紹介入会特典

SPGアメックスカードは、当サイトからの紹介入会で、お得に入会することができます。

対して、JCBプラチナカードの紹介特典はありません。

紹介特典を比較すると、この表のようになります。

SPGアメックスJCBプラチナ
入会特典なしなし
紹介特典入会後3ヶ月以内に合計10万円以上の利用で、36,000ボーナスポイント
利用ポイント3,000ボーナスポイント
合計39,000ボーナスポイント
マイル換算13,000マイル

当たり前ですが、紹介入会特典は、SPGアメックスカードの方がお得となっています。

SPGアメックスカードのお得な紹介入会の方法は、こちらの記事をご覧ください。

www.mairu-kenkyuujyo.com

1−2.年会費(家族カード含む)

年会費は、SPGアメックスカードが31,000円+税、JCBプラチナカードが25,000円+税です。

JCBプラチナカードは、プラチナカードの中ではリーズナブルな価格帯になっており、付帯サービスも充実しています。

SPGアメックスカードの年会費は、初年度から十分に元を取ることができます。

詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

www.mairu-kenkyuujyo.com

また、SPGアメックスカード・JCBプラチナカードどちらのカードも家族カードを作ることができます。

家族カードを1枚作った場合の年会費は、このようになります。

SPGアメックスJCBプラチナ
年会費31,000円+税25,000円+税
家族カード15,500円+税無料
合計46,500円+税25,000円+税

JCBプラチナカードは、家族カードを1枚まで作ることができるので、お得です。

しかし、どちらのカードも家族カードを作るメリットが全くありませんので、家族カードを含めた年会費での比較は、あまり意味ががありません。

www.mairu-kenkyuujyo.com

1−3.ポイント還元率・ポイント有効期限

SPGアメックスカード・JCBプラチナカードカードそれぞれのポイントから航空会社のマイルに交換をすることができます。

SPGアメックスカードは44社、JCBプラチナカードカードは社の航空会社のマイルに交換することができ、一覧にするとこのようになります。

航空会社のマイレージプログラムSPGアメックスJCBプラチナ
エーゲ航空
アエロフロート ボーナス
エアロメヒコ クラブプレミエ
エアカナダ アエロプラン
エアチャイナ フェニックスマイル
エールフランス/KLM フライングブルー
ニュージーランド航空Airpoints™
アラスカ航空 Mileage Plan®
アリタリア航空ミッレミリア
ANAマイレージクラブ
アメリカン航空
アシアナ航空アシアナクラブ
アビアンカ航空 LifeMiles
ブリティッシュ エアウェイズExecutive Club
アジアマイル
中国東方航空イースタンマイルズ
中国南方航空
コパ航空 ConnectMiles
デルタスカイマイル
エミレーツスカイワーズ
エティハド ゲスト
フロンティア航空EarlyReturns®
海南航空
ハワイアン航空 HawaiianMiles®
Iberia Plus
日本航空 (JAL) マイレージバンク
ジェットエアウェイズ Jet Airways JetPrivilege®
ジェットブルー航空TrueBlue™
大韓航空スカイパス
LATAM航空 LATAMPASS
ルフトハンザ Miles & More
Multiplus
カンタス フリークエントフライヤー
カタール航空プリビレッジクラブ
サウディア航空
シンガポール航空クリスフライヤー
南アフリカ航空 Voyager
サウスウエスト航空 Rapid Rewards
TAPポルトガル航空
タイ国際航空
ターキッシュエアラインズ Miles&Smiles
ユナイテッド航空マイレージプラス
ヴァージンアトランティック航空Flying Club
ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer

JCBプラチナカードカードに合わせて、ANAマイル・JALマイルの還元率を比較します。

JCBプラチナカードカードのマイル還元率は、基本は100円につき0.3マイルですので、マイル還元率は0.3%です。

対して、SPGアメックスカードは最大で1.25%のマイル還元率でポイントを貯めることができますので、マイルを貯めたい方は、圧倒的にSPGアメックスカードの方がお得です。

www.mairu-kenkyuujyo.com

さらに、マイル(ポイント)有効期限にもSPGアメックスカードの優位性があります。

SPGアメックスカードのポイント有効期限は、実質無期限です。(最終ポイント増減から1年)

対してJCBプラチナカードカードは、ポイント獲得から2年、マイルに交換してから3年と期限が決まっていますので、有効期限内に目標のマイルが貯まらなかった場合は、残念ながらポイント・マイル失効となってしまいます。

1−4.カード継続特典

継続特典には、大きな差があります。

SPGアメックスカードの継続特典は、1泊2名までの「無料宿泊」です。

この無料宿泊特典は、ラグジュアリーホテルのザ・リッツ・カールトンでも利用することができ、この特典で年会費の元を取ることができます。

www.mairu-kenkyuujyo.com

対して、JCBプラチナカードカードの継続特典はありませんので、継続特典は、SPGアメックスカードに圧倒的メリットがあります。

1−5.空港ラウンジなど・旅行傷害保険・航空便遅延費用補償

空港ラウンジや、旅行保険などの旅行中のサービス・補償についても比較します。

空港ラウンジなど

SPGアメックスカードでは、国内主要空港のラウンジと海外2ヶ所(ハワイ・韓国)のラウンジを利用することができます。

www.mairu-kenkyuujyo.com

対して、JCBプラチナカードは、世界中のラウンジを無料で利用することのできるプライオリティパスを無料で発行することができますので、空港ラウンジについては、JCBプラチナカードの方が優れています。

また、SPGアメックスカードでは、海外旅行からの帰国時に、空港から自宅まで、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送してもらえる「手荷物無料宅配サービス」を利用できます。

また、当サイトではSPGアメックスカードで、成田国際空港中部国際空港関西国際空港以外でもこのサービスを利用する方法も紹介しています。

www.mairu-kenkyuujyo.com

対してJCBプラチナカードカードは、優待サービスのみで1個につき500円で利用することができます。

年会費にも差がありますので、このサービスだけでどちらがお得か判断することは難しいですね。

また、SPGアメックスカードでのみ、エアポート送迎サービスを利用できます。

SPGアメックスカードは、海外旅行の出発・帰国時に、提携タクシー会社(MK株式会社)の車をカード会員専用でチャーターし、利用可能地域内の指定場所と空港との間を格安の定額料金にて利用できる「エアポート送迎サービス」が利用できます。

エアポート送迎サービスについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

www.mairu-kenkyuujyo.com

旅行傷害保険・航空便遅延費用補償

SPGアメックスカード・JCBプラチナカードともに最高1億円の旅行傷害保険が付帯します。

利用付帯・自動付帯によって金額が変動する保険がありますので、ご注意ください。

保険金額比較表は、こちらです。

<国内旅行保険>

SPGアメックスJCBプラチナ
基本カード会員基本カード会員の家族基本カード会員基本カード会員の家族
傷害死亡・後遺障害保険金利用最高 5,000 万円最高 1,000 万円最高 1億円補償なし
自動補償なし
入院日額利用補償なし最高 5,000円
通院日額利用補償なし最高 2,000円
手術保険金利用補償なし入院日額×倍率
(10倍、20倍または40倍)

海外旅行保険

SPGアメックスJCBプラチナ
基本カード会員基本カード会員の家族基本カード会員基本カード会員の家族
傷害死亡・後遺障害保険金利用最高1億円最高 1,000 万円最高1億円最高 1,000 万円
自動最高 5,000 万円最高 1,000 万円
傷害治療費用保険金利用最高 300 万円最高 200 万円最高 1,000 万円最高 200 万円
自動最高 200 万円
疾病治療費用保険金利用最高 300 万円最高 200 万円最高 200万円
自動最高 200 万円
賠償責任保険金利用 最高 4,000 万円最高1億円最高 2,000 万円
自動最高 4,000 万円
携行品損害保険金利用1旅行中最高 5 0万円
(免責 3千円 /年間限度額100万円)
1旅行中最高 100万円
(免責 3千円 /年間限度額100万円 )
1旅行中最高 50万円
(免責 3千円 /年間限度額50万円 )
自動
救援者費用保険金利用最高400万円最高300万円最高 200万円
自動最高 300 万円

また、どちらのカードでも航空便遅延費用補償を受けることができます。

保険金の種類SPGアメックスJCBプラチナ
乗継遅延費用最高20,000円最高20,000円
出航遅延、欠航、搭乗不能費用最高20,000円最高20,000円
受託手荷物遅延最高20,000円最高20,000円
受託手荷物紛失最高40,000円最高40,000円

1−6.その他の独自サービス

最後にカード独自サービスを紹介します。

SPGアメックスカード独自のサービスとしては、

  • SPG/マリオットゴールド資格無料付与
  • キャンセルプロテクション
  • リターンプロテクション など

が、あります。

詳しくは、こちらの記事でご覧ください。

www.mairu-kenkyuujyo.com

また、JCBプラチナカードにも独自のサービスがあり、

があります。

コンシェルジュサービスが付いているのは、プラチナカードならではです。

また、グルメベネフィットはレストランの2名予約で1名無料、ダイニング30は対象レストランが30%オフで利用できるというダイニング関連のサービスが充実しています。

2.SPGアメックス・JCBプラチナカード徹底比較まとめ

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

本記事では、SPGアメックスカードとJCBプラチナカードを徹底比較しました。

どちらのカードを申し込むべきかのポイントはいくつかありましたが、付帯サービスが大きなポイントとなっていました。

ご自身のライフスタイルに合ったカード選びの参考にしていただけましたら嬉しいです。

SPGアメックスカードに興味を持たれた方は、こちらの記事でSPGアメックスカードをお得にお申込みいただく方法を丁寧に解説していますので、あわせてご覧ください。

www.mairu-kenkyuujyo.com

SPGアメックスカードのデメリットはもちろんあります。

そちらもまとめていますので、あわせてご覧ください。

www.mairu-kenkyuujyo.com

この記事が少しでも役立ったと思ったら、ぜひ、はてなブックマークTwitterなどで周りの方にもシェアしてもらえると嬉しいです。

多くの方に読んでもらうことができれば、さらなる記事更新へのモチベーションアップに繋がります。