SPGアメックス紹介入会キャンペーンで94,000ポイント獲得する方法

SPGアメックスとセゾンプラチナを徹底比較【JALマイル還元率がひとつのポイント】

本記事は、このような悩みをかかえている方にオススメです

  • SPGアメックスカードとセゾンプラチナビジネスアメックスカードどちらのカードを申し込もうか迷っている
  • 2枚のカードのメリット・デメリットを知りたい

本記事の内容

  • SPGアメックスカードとセゾンプラチナビジネスアメックスカード徹底比較【JALマイルの貯めやすさから付帯する特典まで徹底比較】

こんにちは!

マイル研究所(@mairukenkyuujyo)のまるのすけです。

 

SPGアメックスとセゾンプラチナ、どっちがお得か知りたいですか?

本記事では、SPGアメックスとセゾンプラチナのJALマイルの貯めやすさから付帯する特典まで徹底比較します。

この記事を読めば、あなたがどちらのカードを申し込むべきか解決します。

1.SPGアメックスカードとセゾンプラチナビジネスアメックスカードを徹底比較

JALマイルが貯まりやすいアメックスカードとして、SPGアメックスカードとセゾンプラチナビジネスアメックスカードが、よく比較されます。(ただし、セゾンプラチナは、アメックス発行ではありません

まずは、大まかに2枚のカードを比較し、そのあと詳しい比較について解説します。

項目ごとの比較表は、こちらです。

SPGアメックスセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
年会費31,000円+税20,000円+税
家族カード15,500円+税3,000円+税
マイル還元率最高1.35%1%(JALのみ)
ポイント有効期限実質無期限JALマイルコース:3年、永久不滅:無期限
継続特典無料宿泊(1泊2名まで)なし
空港ラウンジ
手荷物無料宅配サービス×
エアポート送迎サービス
旅行傷害保険最高1億円最高1億円
航空便遅延費用補償
海外旅行先での日本語サポート×
キャンセルプロテクション×
オンライン・プロテクション
ショッピング・プロテクション年間最高500万円年間最高300万円
リターン・プロテクション×
コンシェルジュサービス×

では、それぞれ解説します。

1−1.紹介入会特典

SPGアメックスカードは、当サイトからの紹介入会で、お得に入会することができますが、セゾンプラチナビジネスアメックスカードは、紹介特典がありません。

比較するまでもありませんが、紹介特典を比較すると、この表のようになります。

SPGアメックスセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
入会特典なしなし
紹介特典入会後3ヶ月以内に合計10万円以上の利用で、36,000ボーナスポイント
利用ポイント3,000ボーナスポイント
合計39,000ボーナスポイント
マイル換算13,000マイル

少しでもお得に入会されたい方は、SPGアメックスカードを選ぶ方がお得です。

▼お問い合わせは、こちらのボタンからどうぞ

f:id:rich_s:20181218171847p:plain

1−2.年会費

年会費は、SPGアメックスカードが31,000円+税、セゾンプラチナビジネスアメックスカードが20,000円+税です。

さらに、セゾンプラチナビジネスアメックスカードは、年間200万円以上の利用で、次年度の年会費が半額の10,000円+税になります。

年会費だけで比較すると、セゾンプラチナビジネスアメックスカードの方がお得に思えますが、付帯する特典や保険も違いますので、年会費だけで比較するのはナンセンスです。

1−3.家族カード

SPGアメックスカード・セゾンプラチナビジネスアメックスカードどちらのカードも家族カード(追加カード)を作ることができます。

家族カード(追加カード)を1枚作った場合の年会費は、このようになります。

SPGアメックスセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
年会費31,000円+税20,000円+税
家族カード15,500円+税3,000円+税
合計46,500円+税23,000円+税

しかし、SPGアメックスカードの家族カードは、作るメリットが全くありません。  

www.mairu-kenkyuujyo.com

セゾンプラチナビジネスアメックスカードは、元々カードの名前のとおりビジネスカードですが、個人でも申し込むことができますので、追加カード=家族カードと考えることができます。

しかし、家族カードに特に特典は付いてきませんので、家族カード(追加カード)を含めた年会費での比較は、意味がありません。

1−4.マイル還元率

SPGアメックスカード・セゾンプラチナビジネスアメックスカードそれぞれのポイントから航空会社のマイルに交換をすることができます。

SPGアメックスカードは44社、セゾンプラチナビジネスアメックスカードは社の航空会社のマイルに交換することができ、一覧にするとこのようになります。

航空会社のマイレージプログラムSPGアメックスセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
エーゲ航空
アエロフロート ボーナス
エアロメヒコ クラブプレミエ
エアカナダ アエロプラン
エアチャイナ フェニックスマイル
エールフランス/KLM フライングブルー
ニュージーランド航空Airpoints™
アラスカ航空 Mileage Plan®
アリタリア航空ミッレミリア
ANAマイレージクラブ
アメリカン航空
アシアナ航空アシアナクラブ
アビアンカ航空 LifeMiles
ブリティッシュ エアウェイズExecutive Club
アジアマイル
中国東方航空イースタンマイルズ
中国南方航空
コパ航空 ConnectMiles
デルタスカイマイル
エミレーツスカイワーズ
エティハド ゲスト
フロンティア航空EarlyReturns®
海南航空
ハワイアン航空 HawaiianMiles®
Iberia Plus
日本航空 (JAL) マイレージバンク
ジェットエアウェイズ Jet Airways JetPrivilege®
ジェットブルー航空TrueBlue™
大韓航空スカイパス
LATAM航空 LATAMPASS
ルフトハンザ Miles & More
Multiplus
カンタス フリークエントフライヤー
カタール航空プリビレッジクラブ
サウディア航空
シンガポール航空クリスフライヤー
南アフリカ航空 Voyager
サウスウエスト航空 Rapid Rewards
TAPポルトガル航空
タイ国際航空
ターキッシュエアラインズ Miles&Smiles
ユナイテッド航空マイレージプラス
ヴァージンアトランティック航空Flying Club
ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer

ご覧のとおり、セゾンプラチナビジネスアメックスカードから交換できる航空会社は、ANAJALの2社のみです。

しかも、ANAは、非常にマイル還元率が悪いので、実質JALマイルを貯めるためのカードとなります。

セゾンプラチナビジネスアメックスカードのJALマイル還元率は、永久不滅ポイントとあわせて最高で1.125%です。

対してSPGアメックスカードのJALマイル還元率は最高1.25%ですので、還元率の面では、SPGアメックスカードにメリットがあります。

しかし、上でも説明したとおりセゾンプラチナビジネスアメックスカードには、年会費のメリットがあります。

1マイル=2円で計算して、年間利用額ごとの収支を計算するとこの表のようになります。(貯まるマイル数 × 2円 − 年会費)

年間利用額SPGアメックスセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
(年会費20,000円+税)
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
(年会費10,000円+税)
100万円-20,980円-10,350円450円
200万円-8,480円900円11,700円
300万円4,020円12,150円22,950円
400万円16,520円23,400円34,200円
500万円29,020円34,650円45,450円
600万円41,520円45,900円56,700円
700万円54,020円57,150円67,950円
800万円66,520円68,400円79,200円
900万円79,020円79,650円90,450円
1,000万円91,520円90,900円101,700円

JALマイル還元率だけで考えると、セゾンプラチナビジネスアメックスカードの年会費が20,000円+税の場合は、300万円以上利用した場合、SPGアメックスカードよりもJALマイルが多く貯まります。

さらに、セゾンプラチナビジネスアメックスカードの年会費が10,000円+税の場合は、100万円以上の利用で、SPGアメックスカードよりもJALマイルが多く貯まります。

純粋にJALマイルを貯めるカードとしては、セゾンプラチナビジネスアメックスカードは優秀なカードです。

1−5.ポイント有効期限

SPGアメックスカードのポイント有効期限は、実質無期限。(最終ポイント増減から1年)

セゾンプラチナビジネスアメックスカードは、JALマイルへ自動交換となってしまうので、3年間となっています。(永久不滅ポイント除く)

ゆっくりとポイントやマイルを貯めたい場合は、SPGアメックスカードがオススメです。

1−6.継続特典

継続特典には、大きな差があります。

SPGアメックスカードの継続特典は、1泊2名までの「無料宿泊」です。

この無料宿泊特典は、ラグジュアリーホテルのザ・リッツ・カールトンでも利用することができ、この特典で年会費の元を取ることができます。

www.mairu-kenkyuujyo.com

対して、セゾンプラチナビジネスアメックスカードの継続特典はありません。

継続特典は、SPGアメックスカードに圧倒的メリットがあります。

1−7.空港ラウンジ

SPGアメックスカードでは、国内外30カ所のラウンジを利用することができます。

www.mairu-kenkyuujyo.com

対して、セゾンプラチナビジネスアメックスカードは世界中で空港ラウンジを利用することのできる「プライオリティパス」が無料で付いています。

空港ラウンジについては、セゾンプラチナビジネスアメックスカードにメリットがあります。

1−8.手荷物無料宅配サービス

SPGアメックスカードのみ、海外旅行からの帰国時に、空港から自宅まで、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送してもらえる「手荷物無料宅配サービス」を利用できます。

また、当サイトでは成田国際空港中部国際空港関西国際空港以外でもこのサービスを利用する方法も紹介しています。

www.mairu-kenkyuujyo.com

1−9.エアポート送迎サービス

どちらのカードでも、エアポート送迎サービスを利用できますが、サービス内容が異なります。

SPGアメックスカードは、海外旅行の出発・帰国時に、提携タクシー会社(MK株式会社)の車をカード会員専用でチャーターし、利用可能地域内の指定場所と空港との間を格安の定額料金にて利用できる「エアポート送迎サービス」が利用できます。

エアポート送迎サービスについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

www.mairu-kenkyuujyo.com

対してセゾンプラチナビジネスアメックスカードは、成田空港・羽田空港と東京23区間ハイヤー送迎サービスを、特別料金で利用することができます。

成田空港⇔東京23区(3時間) 片道料金:セダン/25,000円〜 バン/29,000円〜

羽田空港⇔東京23区(1時間) 片道料金:セダン/15,000円〜 バン/18,000円〜

1−10.旅行傷害保険

どちらのカードにも最高1億円の旅行傷害保険が付帯します。

どちらのカードも自動付帯ですが、セゾンプラチナビジネスアメックスカードは、カード会員”のみ”が保険の対象となっている点に注意が必要です。

利用付帯の場合の保険金額比較表は、こちらです。

<国内旅行保険>

SPGアメックスセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
基本カード会員基本カード会員の家族基本カード会員基本カード会員の家族
傷害死亡・後遺障害保険金利用最高 5,000 万円最高 1,000 万円最高 5,000 万円補償なし
自動補償なし
入院日額自動補償なし最高 5,000円
通院日額自動補償なし最高 3,000円

海外旅行保険

SPGアメックスセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
基本カード会員基本カード会員の家族基本カード会員基本カード会員の家族
傷害死亡・後遺障害保険金利用最高1億円最高 1,000 万円最高1億円補償なし
自動最高 5,000 万円最高 1,000 万円
傷害治療費用保険金利用最高 300 万円最高 200 万円最高 300万円
自動最高 200 万円
疾病治療費用保険金利用最高 300 万円最高 200 万円最高 300万円
自動最高 200 万円
賠償責任保険金利用 最高 4,000 万円 最高 5,000 万円
自動最高 4,000 万円
携行品損害保険金利用1旅行中最高 5 0万円
(免責 3千円 /年間限度額100万円)
1旅行中最高 5 0万円
(免責 3千円 )
自動
救援者費用保険金利用最高400万円最高300万円最高 300万円
自動最高 300 万円

1−11.航空便遅延費用補償

どちらのカードでも航空便遅延費用補償を受けることができ、セゾンプラチナビジネスアメックスカードの方が、補償額が高くなっています。

保険金の種類SPGアメックスセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
乗継遅延費用最高20,000円最高30,000円
出航遅延、欠航、搭乗不能費用最高20,000円最高30,000円
受託手荷物遅延最高20,000円最高100,000円
受託手荷物紛失最高40,000円最高100,000円

1−12.海外旅行先での日本語サポート

SPGアメックスカードでのみ海外旅行先での日本語サポート「オーバーシーズアシスト」が付帯します。

海外での緊急対応サービスが付帯している点は、海外旅行に頻繁に行かれる方は特に大きなメリットとなります。

オーバーシーズアシストについては、こちらで詳しく紹介しています。

www.mairu-kenkyuujyo.com

1−13.キャンセルプロテクション

SPGアメックスカードでのみ、急な出張で海外旅行に行けなくなった場合や、突然の病気、ケガによる入院などで、予約していた旅行をキャンセルしたり、チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を補償する「キャンセルプロテクション」を利用することができます。

キャンセルプロテクションについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

www.mairu-kenkyuujyo.com

1−14.オンライン・プロテクション

どちらのカードでも、万一、第三者によるインターネット上での不正使用と判明したカード取引については、原則としてご利用金額を負担しなくて良い「オンライン・プロテクション」を利用することができます。

1−15.ショッピング・プロテクション

どちらのカードでも国内、海外を問わずアメリカン・エキスプレスのカードで購入したほとんどの商品について、破損・盗難などの損害を補償してもらえる「ショッピング・プロテクション」が利用できます。

ただし、SPGアメックスカードは購入日から90日間、年間最高500万円まで、セゾンプラチナビジネスアメックスカードは購入日から120日間、年間最高500万円までとなっており、補償がより充実しています。

1−16.リターン・プロテクション

SPGアメックスカードでのみ、購入した商品の返品を、万一購入店が受け付けない場合に、購入日から90日以内なら、アメリカン・エキスプレスに返却することにより、購入金額をカード会員の会員口座に払い戻ししてもらえる「リターン・プロテクション」を利用することができます。

1−17.コンシェルジュサービス

セゾンプラチナビジネスアメックスカードでのみ、24時間365日スタッフに相談・問い合わせができるコンシェルジュサービス(カードデスク・サービス)を利用することができます。

相談・問い合わせ内容は、以下のとおりです。

  • カードご利用額の照会
  • お支払方法の変更
  • 永久不滅ポイントについて
  • カードの紛失・盗難の対応
  • 追加カードについて
  • キャンペーン情報
  • entrée(オントレ)ホテル特典に関するお問い合わせ
  • スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドの予約
  • 国内・海外旅行プランに関するご相談
  • 海外出発前の渡航先情報のご案内(レストラン、エンターテインメント、ショッピングなど)
  • 航空券・JR特急券などの手配
  • 国内・海外ホテルの手配 など
  • プライオリティ・パスのお申し込み
  • 国内レストランのご案内・ご予約
  • ハイヤー送迎サービスのお申し込み
  • ビジネス向けバンケット、会議室などの連絡先紹介
  • entrée(オントレ)ダイニング特典、スパ特典、ショッピング特典に関するお問い合わせ
  • フラワーギフト手配 など

2.SPGアメックス・セゾンプラチナビジネスアメックス徹底比較まとめ

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

本記事では、SPGアメックスカードとセゾンプラチナビジネスアメックスカードを徹底比較しました。

どちらのカードを申し込むべきかのポイントはいくつかありましたが、入会特典・継続特典、コンシェルジュサービスなどが大きなポイントとなっていました。

ご自身のライフスタイルに合った、カード選びの参考にしていただけましたら嬉しいです。

SPGアメックスカードに興味を持たれた方は、こちらの記事でSPGアメックスカードをお得にお申込みいただく方法を丁寧に解説していますので、あわせてご覧ください。

www.mairu-kenkyuujyo.com

SPGアメックスカードのデメリットはもちろんあります。

そちらもまとめていますので、あわせてご覧ください。

www.mairu-kenkyuujyo.com

この記事が少しでも役立ったと思ったら、ぜひ、はてなブックマークTwitterなどで周りの方にもシェアしてもらえると嬉しいです。

多くの方に読んでもらうことができれば、さらなる記事更新へのモチベーションアップに繋がります。